2010年3月 9日 (火)

キクニさんのマラソンエッセイ

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書) Book 東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)

著者:喜国 雅彦
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Casf0jeg_4


2月27日(土)に、「東京マラソンEXPO」に行った日のことでした。りんかい線の国際展示場駅を出てすぐの所にあるコンビニの横で、本の販売をしている人達がいました。近寄ってみたら、それはギャグ漫画家・喜国雅彦さんによる、著書『東京マラソンを走りたい』の手売り&サイン会でした。

喜国雅彦さんといえば、4コマ漫画『傷だらけの天使たち』が思い出される。高校生の頃よく読んでたよな。あー懐かしい。

「キクニさんのエッセイなら、絶対面白いに違いない」と思い、即買うことにしました。そして、サインしていただき、写真も撮っていただき、握手もしていただきました。お話も少しできました。happy01

で、本の内容ですが、やっぱりめちゃくちゃ面白かったです。happy02 運動経験があまりなかったキクニさんが、少しずつ走り始め、フルマラソンの大会に出場するまでの、愉快なエピソードが満載です。

私は電車の中で読んでいたら、笑いをこらえるのに苦労しました。それと、読んでるうちに、「キクニさんてスケベだけど、けっこう真面目でいい人じゃん」と思えてきました。

キクニさんは、かなり素敵なことも書いています。
「すべてのスポーツには勝敗がある。勝った人がいる横には、必ず敗者がいる。だけど、マラソンだけは、すべての人が勝者になれる可能性があるスポーツだ。」

キクニさんの現在のフルマラソンの自己ベストは、4時間47分だそうです。そう、私がこないだ東京マラソンで出した自己ベストと全く一緒です。何か不思議な縁を感じてしまいました。私は最近キクニさんの漫画を読んでなかったので、これを機にいくつか読んでみることにします。

Ca49p2ct_3 Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)