« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

ランニング教室・75

今日はSWACのランニング教室で代々木公園へ。

メニューは、10~20kmの距離走。

猛暑の間は、全然走れず7~8kmくらいでギブアップしていました。でも今日は涼しいというか肌寒いくらいなので、できればガッツリ20kmくらい走りこみたい気分。というか、10月末のフルマラソンに備えて、「いいかげん距離を踏んでおかないといかんだろ」という感じ。

私はキロ6分のグループで、ペースメイクは前半Mコーチ、後半Oコーチ。今月号の『クリール』にカラーで大きく掲載されているKさん(通称Lさん)の後ろを走る。KさんはいつもはAグループなので、一緒に走れて何か嬉しい。「今日は頑張るぞsign01」という気になった。

涼しかったせいで、思いもよらないほど調子よく走り続けられた。最近長い距離が走れてなかったので不安が大きかったけど、なんとか大丈夫だった。約2時間走って、約19km。久々に達成感を味わえました。

                       〔22.10.9〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

駒澤大学公開講座 平成22年度秋季・1

01 02

今日は、駒澤大学公開講座「健康づくり教室」のジョギングコースに参加するため、駒澤大学玉川キャンパスへ行きました。公開講座でジョギングコースなんてあったんですね。(週1回で計9日間) SWACの駒大の先輩Hさんに聞くまで知りませんでした。他に、成人体操コース、ジュニア体操コース、健康と美容・護身のための武道(空手道)コースがあります。

ジョギングコースは、何といっても駒大の陸上競技部がいつも練習しているトラックを走れるというのが大きな魅力です。Hさんの話だと、大八木弘明監督もたまに顔を出してくださるとのこと。もの凄く楽しみ。happy01

Hさん、Nさんと二子玉川駅で待ち合わせて、バスに乗って玉川キャンパスへ。ここには学生の頃、1年時に週1回通っていました。あー懐かしい。当時はトラックは土でした。駒大が駅伝で強くなってから、立派な全天候型トラックに改装されたのです。

ジョギングコースの定員は100名ですが、その顔ぶれは老若男女が入り混じり、レベルはトップクラスからビギナーまで様々という感じでした。

まずは、内山コーチ(経歴はこちら)から御挨拶があり、他のコーチ陣3、4人の紹介。そして、公開講座初参加者20人くらいが簡単に自己紹介。

次に体操後、トラックをドリルのようにいろいろな動きをしながら1周。暑かったのでけっこういい運動でした。トラックは、織田フィールドのような軟らかな感触はなく、硬めでした。

メインのトレーニングは、初日ということもあってウォーク組とラン組に分かれただけでした。通常は、ラン組はジョギング、ファンラン、シリアスランのグループに分かれるようです。

5000mと8000mを各自で選んで好きなように走るということで、私は暑いので5000mにしときました。本当に暑くて後半少し気持ちが折れかかっている時に、Hさんが「大八木監督が来てるよsign03」と耳打ちしてくれました。「マジsign02」と思ってトラックを見回すと、遠くに確かにそれっぽい人が走っている。近くに迫って来たのでよく見ると、間違いなく本人だった。いつの間にかやって来てトップグループに合流してたようです。「うわー初日から登場だなんて、なんて素敵なサプライズhappy02」いやー本当に驚いたというか感動したというか。

走り終えたあと、私とNさんはHさんに連れられて大八木監督のもとへ。ちょっぴりお話をさせていただきました。「また来てください。」と言ったら「ええ、ぜひ」とおっしゃってくださいました。あと、現在は駒大陸上競技部の顧問である、森本葵氏のもとへも行きました。Hさん、両者の知り合いというわけでもないのに、堂々と話しかけられるから凄いです。おかげでいい思いができました。ありがとうございます。

帰りは3人で多摩川沿いを歩き、昼食はそばを食べました。

                         〔22.10.3〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

一人旅も10年目

私が夏季休暇に一人旅をするようになってから、今年で10年目になります。いい機会なので、今までの旅をメモすることにします。

●2001年(平成13年)

diamond鳥取県 〔往復・airplane鳥取空港〕 
・以前から憧れていた「鳥取砂丘」へ。砂丘を裸足で歩き回るのは気持ちよかった。
・山陰海岸国立公園に属する「浦富(うらどめ)海岸」の遊歩道を散策。台風が接近していたため、遊覧船は運休。
・他、「多鯰ケ池(たねがいけ)」

●2002年(平成14年)

diamond岐阜県 〔往復・bullettrain
・「岐阜城」は金華山の山頂にあり、行くにはいくつかの登山コースがあります。天守閣からの眺めはたいへん素晴らしい。
・「杉原千畝記念館」。私が尊敬する人物の一人。この時のことは以前ブログに書きました。
・他 「名和昆虫博物館」、遊覧船shipで「恵那峡めぐり」、「石の博物館(博石館)」等

●2003年(平成15年)

diamond愛媛県 〔往復・airplane松山空港〕
・松山駅からJR予讃線train(伊予長浜経由)に乗って、瀬戸内海を眺めながら八幡浜駅へ。
・遊歩道を散策しながら、「諏訪崎」へ。
・八幡浜からバスbusと乗合タクシーで日本一細長い「佐田岬半島」へ。遊歩道を散策しながら最先端の佐田岬灯台へ。「凄く遠くまで来たなあ」と感じました。
・他、「今治城」等

●2004年(平成16年)

diamond広島県、愛媛県 〔往復・bullettrain

・尾道市から「しまなみ海道」をレンタサイクルbicycleで横断。向島(むかいしま)・因島・生口島(いくちじま)・大三島(おおみしま、ここで一泊)・伯方島(はかたじま)・大島を通って今治市へ。
途中の、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋、来島海峡大橋も全て自転車で通れる。普段自転車に乗らないので、長時間乗っているとお尻が痛くなり、立ちこぎを余儀なくされた。
・復路はバスbusを利用。
・他、耕三寺(こうさんじ)内にある未来心の丘(巍々園・ぎぎえん)、「千光寺」等

●2005年(平成17年) 

diamond秋田県 〔往路・airplane大館能代空港 復路・bullettrain

・世界遺産・白神山地「岳岱(だけだい)自然観察教育林」で、認定ガイドの方と一緒に、ブナ原生林をトレッキング。
・鷹巣駅から「秋田内陸縦貫鉄道train」に乗って角館駅へ。「角館」を観光。
・秋田市で某学術大会に参加。(仕事絡み)

●2006年(平成18年)

diamond広島県、島根県 〔往路・airplane広島空港 復路・airplane出雲空港〕

・広島市民球場で「カープ×ドラゴンズ」の試合観戦。
・広島駅から高速バスbusで出雲駅へ。
・「出雲大社」 出雲駅伝のスタート地点に立ち、感慨にふける。
・「日御碕(ひのみさき)灯台」 高さ43.65m、石積みの灯台としては東洋一の高さ。展望台からの眺めは一見の価値あり。
・電鉄出雲市駅から「一畑電鉄train」に乗って、「宍道湖を眺めながら松江しんじ湖温泉駅へ。
・堀川遊覧船「ぐるっと松江堀川めぐり」 橋げたが低い所があり、舟の屋根を下げている間は、乗客は寝そべった状態。面白かった。
・他、「松江城」、「小泉八雲記念館」等

●2007年(平成19年) 

diamond京都府、滋賀県 〔往復・bullettrain

・「KYOTO 手塚治虫ワールド」 キャラクターグッズをいっぱい購入。
・「琵琶湖」の南湖を、外輪船ship「ミシガン」でクルージング。この時のことは以前ブログに書きました。
・京都市で某学術大会に参加。(仕事絡み)

●2008年(平成20年) 

diamond山梨県 〔往復・car

・秩父多摩甲斐国立公園に属する「昇仙峡」へ。遊歩道を散策。
・ロープウェイに乗って、山頂の「展望台」へ。
・石和温泉郷spaの宿に宿泊。
・甲府市「小瀬(こせ)スポーツ公園」 ランニングコースを走る。

●2009年(平成21年)

diamond石川県 〔往路・airplane小松空港 復路・airplane能登空港〕

・「金沢城下町ハーフマラソン2009run」に出場。この時のことは以前ブログに書きました。
・「兼六園」「金沢城公園」を観光。
・金沢駅から「特急サンダーバード」に乗って、和倉温泉駅へ。和倉温泉郷spaの宿に宿泊。
・和倉温泉駅から「のと鉄道」に乗って、「七尾湾」を眺めながら穴水駅へ。
・他、「和倉昭和博物館とおもちゃ館」

●2010年(平成22年)

diamond福島県 〔往復・bullettrain

・「第1回猪苗代湖畔ハーフマラソン大会run」に出場。この時のことはブログに書きました。
・磐梯朝日国立公園に属する、裏磐梯「五色沼」「桧原湖」へ。「五色沼自然探勝路」「桧原湖畔探勝路」を散策。
・他、「中瀬沼探勝路」「レンゲ沼探勝路」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

第1回猪苗代湖畔ハーフマラソン大会

今年の夏休みは、福島県へ行きました。福島県といえば、駒大の大八木弘明監督、OBの藤田敦史選手の故郷です。そんなお二方の故郷でハーフマラソン、いつもより気合いたっぷりで挑んだのですが...

●前日 9月4日(土)

新幹線bullettrainで郡山駅へ。
郡山駅から磐越西線に乗って、猪苗代駅へ。

〔猪苗代町体験交流館〕にて

・前日受付
・明治製菓ザバス栄養学講演会
・千葉真子さんのマラソン講演会

・チバちゃんのお話を聞くのは、2年前の諏訪湖ハーフの時以来です。「スポーツで世の中を元気にしたい!」と言ってるだけあって、元気なトークは健在です。
 今回は、2003年パリ世界選手権のマラソン銅メダルとマラソン団体の金メダルを持ってきてくださり、なんと「記念すべき第1回大会なので、今回は特別に今からこの2つのメダルを会場の皆様にお回ししまーすhappy01 じっくりとご覧になってください。(撮影は禁止)」とのこと。チバちゃん、なんて気前がいいのでしょう。メダルを手に取るという貴重な体験ができて、わざわざ遠くから来た甲斐がありました。

・会津若松駅に移動し、駅前のホテルに宿泊。

●当日 9月5日(日) sun快晴

01 02_2

会場は「会津レクリエーション公園」。9:35分スタート。
スタート地点で、SWACのSさんと会う。
・所々コースが木陰になっていて、暑さをしのげた。
・7km過ぎに、急な上り坂あり。途中から歩く。登りきった所で第1折り返し地点。
・8km地点の給水所で、既に水切れ。第1回大会なので、多少の不備は覚悟していたが、もう水切れとは... 「この先、給水なしで走るのか!?」と不安が頭をよぎる。
・約15km地点以降からは、一切木陰なし。
・心配していた給水は、沿道に住んでいる方々が、ホースで給水してくださったり、トマトを用意してくださったおかげで、なんとかなりました。
・あまりの暑さのため、17kmくらいで走るのを止める。あとはほとんど歩き。暑いのが全くダメな私は、今後夏は10kmよりも長いレースには出ないことにします。
・ゴール後しばらくは動けず。だいぶ時間がたったあと、「これから抽選会を行いまーす。」との放送。抽選会があるなんて知らされてなかったで、大半の人はもう帰ってしまっている。「残ってる人だけでやりまーす。」というので、集合場所へ。集まったのは200人くらいか。「残っててラッキー!」と思ったものの、ジャンケンで全く勝てず。モモもブドウも酒もゲットできず、何ももらえなかった人同士で、大量にあったバナナbananaを分け合うことに。

・後日某サイトで、給水のことはもちろん、誘導ミス(5kmや10kmの部)、駐車場、トイレの数などに関して、様々な酷評が挙がっていました。コースの景観はとてもよかったのに、残念な点が多すぎた大会でした。次回以降に期待します。

・猪苗代駅からバスbusで裏磐梯へ。五色沼に近いホテルに宿泊。

●9月6日(月)

・五色沼、桧原湖、中瀬沼、レンゲ沼のそれぞれの探勝路を散策。
・五色沼は、弁天沼が一番気に入りました。とても穏やかな感じで、ずっと眺めていたくなりました。
・五色沼探勝路(3.6km)のあと、桧原湖探勝路(3.4km)を歩いたのですが、前日の疲れもあって、途中でけっこうしんどくなりました。despair

01_2 02_3
03 01_3       

                     〔22.9.20〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »