« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月22日 (水)

ランニング教室・37

今日はSWACのランニング教室で夜の代々木公園へ。

メニューは、8kmのペース走。

私は、キロ5分30秒のグループで、ペースメイクは木下選手。

5分30秒で走り続けるのって凄く久しぶり。後半、しんどかったけどなんとかみんなに付いてきました。

良い練習ができた気がします。

                  〔平成21年 5月5日〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

カープファン必読の書

Photo_21975_2









日刊スポーツの広告で、今週号の『週刊ベースボール』 に、「MAZDA  Zoom-Zoom スタジアム広島」の記事とマーティー・ブラウン監督のスペシャルインタビューが掲載されていることを知りました。

早速仕事帰りに本屋へ行ったら、『週刊プロ野球セ・パ誕生60年』の創刊2号『1975年 赤ヘル、悲願V』も売ってたので一緒に購入。2号で広島カープが特集されるのは知ってたのですが、買うの忘れてました。coldsweats01

広島東洋カープ、今のところけっこう調子いい感じです。今年こそやってくれそうな予感がします。smile

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月14日 (火)

中村仁美さんとマラソン

フジテレビアナウンサーの中村仁美さんの笑顔が大好きです。私が見ている番組で中村さんが出演しているのは、『クイズ!ヘキサゴンII』と『爆笑レッドカーペット』なので、両番組とも笑顔でいっぱいです。

中村仁美アナといえば、昨年NHK『紅白歌合戦』に、羞恥心withPaboの応援ゲストで、民放の現役アナウンサーとして初めて出場したことで話題になりましたね。その時もとても楽しそうでした。

そんな中村仁美さんは、最近知ったのですが、昨年フルマラソン(ゴールドコーストマラソン)を完走していらっしゃいます。彼女は高校時代は陸上部だったそうですが、短距離専門だったので長距離は嫌いだったそうです。でも、「30歳になるまでにフルマラソンにチャレンジしたい」sign01と思っていたとのことです。

私も小、中学生の頃は、短距離が得意で長距離は苦手でした。でも「ホノルルマラソンを走りたいsign01」と思ってたので、その辺はなんとなく自分と似てるなと思いました。それと、初マラソンでたいへんな思いをしながらゴールを目指したあたりも似ています。

中村仁美さんの初マラソン体験記は、フジテレビアナウンスマガジンのアナルームニュースで読むことができます。ぜひ一読をsign03

<PART1> http://wwwz.fujitv.co.jp/ana/news/080805.html

<PART2> http://wwwz.fujitv.co.jp/ana/news/080826.html

00_2

01

02_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

ランニング教室・36

今日はSWACのランニング教室で代々木公園へ。3月は1度も参加できなかったので、少し久しぶりです。それにしてもいいお天気。sun 陽あたり良好!です。

まずは織田フィールドで体操とドリル。ぽかぽか陽気で、まだ走ってないのに暑くなりました。

そして代々木公園へ移動して距離走。私はキロ6分で長めに走るグループにしました。先導は嶋原選手。嶋原選手と同じグループになることってあんまないので、何か新鮮な感じでした。

最近新しい会員さんが増えてるようで、一緒のグループの方々が存じ上げない顔ばかり...。当然名前もわからない。皆様、私はたまにしか参加できないけどよろしくお願いしますね。

それにしても暑いsign03 こんな急に暑くなってしまうと、体がついていきません。走ってるうちに頭がボーッとしてうつろになってくる。wobbly たまらず、4周したあと休憩をとり、充分に水分を補給。その後またグループに合流して2周。計10キロちょっと。もっと距離を踏みたかったけど、暑くてダメ。それと、東京マラソンの疲れがまだ体のどこかにそこはかとなく残ってるような感じで、何か体調も今一つだった。

今日の代々木公園は、人出がたいへん多くて走りにくかったです。despair

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

石川優子さんの紙ジャケCD

Photo_2

私が石川優子さんのファンだったことは、以前このブログの懐かしの石川優子さんで書きましたが、先日とある知人から、石川優子さんが以前に出したアルバムが、昨年紙ジャケCD仕様(デジタル・リマスター)で発売されたことを聞きました。


そのうちの何枚かを購入しましたが、今回紹介するのは、1982年冬に発売された『NUANCE』です。このアルバムの1曲目に収録されている『涙のソリティア』がとても素敵な曲なのです。特にアレンジが凄くお気に入りです。情感あふれるドラマティックなムードが漂うサウンドで、当時中学生だった私には、とても大人っぽい曲に感じました。今回、最新の技術で生まれ変わったこの曲を聴いて、本当に感動しました。

視聴

http://www.7andy.jp/cd/detail/-/accd/C1117574

タイトルの「ソリティア」とは、歌詞に「テーブルのトランプは 夢預けた恋占い カードはハートheartのクィーン」とあったので、トランプ占いの一種なんだと当時何となく思っていました。

後年、パソコンのWindowsの付属ソフトで「ソリティア」を知った時、「これがあの歌のソリティアなんだsign01」とえらく感動しました。

spadediamondclub ウィキペディアによると、「ソリティア」とは一人で遊ぶ事のできるゲームの事で、Windowsに標準添付されている「ソリティア」と名付けられているゲームは、正確にはクロンダイク(キャンフィールド)という名称で、フリーセル、スパイダーと共にソリティアのひとつであるとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »