« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月26日 (土)

ランニング教室・21

今日はSWACのランニング教室で織田フィールドへ。交通費を節約して湘南新宿ラインで行く予定でしたが、乗り遅れて結局いつもどおりbullettrainです。

17時過ぎからの開始でしたが、まだまだ暑かったです。本日の練習内容は1000m×5本のインターバルでした。私は平日にはなかなか参加できないため、こういった練習をやる機会はほとんどなかったので、とても新鮮な感じでした。

5分半のチームでスタート。先導はT田コーチ。最初の1000mを走ったあと、次の1000mを走るまで400mほどジョグでゆっくり走ります。のはずが、つなぎのジョグもほぼ同じスピードでした。2本目が終わったあとも同じような感じだったので、つなぎのジョグをもっとゆっくり走りたい人が集まってもう一グループできました。

このチームはH田コーチが先導してくれました。私は5本全部できるか不安で、途中1本抜けようかなと思いました。でもみんな頑張ってたので、私もそれにつられて最後までこなすことができました。本当皆様のおかげです。ラストは300メートルくらいでスパートをかけました。自分としてはけっこう頑張ったと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

菅平合宿2008・3日目

朝練なし

朝食後(今日はご飯にしました。)、しばらくしてから

トレイルラン組(2名)、ダボスの丘で走ろう組(私を含め4名)、昨日のペース走の道をもう一度組(1名)の3つに分かれて移動。本日も快晴です。暑いです。

(ダボスの丘)
丘陵全体が美しい天然の芝生に覆われた菅平高原は、スイスの牧場地帯ダボスに似ていることから「日本のダボス」と呼ばれています。ダボスの丘にはスイス・ダボスとの姉妹都市提携の際交換し合った1㎡の土地があり、ダボスの搭が建てられています。日本スキーの父ハンス・シュナイダー氏の記念塔も立っている。(某HPより)

宿からダボスの丘入り口まではウォーキングで30分くらいで到着し、早速丘を登り始めました。気分はすっかりハイキングです。

09










私はこういった所を歩くのはけっこう好きなはずなのですが、昨日の疲れが残っていたし、高地ということもあってけっこうしんどかったです。他の皆さんは、さほど苦にしてる様子もなくスイスイ登っていってるようでした。フルマラソンを走る人たちはさすが体力がありますね。

頂上につき、シュナイダー塔の前で記念撮影。

08








そこから奥に進んでいくと、広くて素敵な草原が広がっていました。

0706_2





私はこのように広大な草原や砂漠を目の前にするとつい思ってしまうことがあります。
バラマキクイズをやるのに絶好の場所じゃんsign03 happy02
私はクイズ好きで、今でも『アメリカ横断ウルトラクイズ』フリークなのです。実際、以前クイズサークルの合宿でよくバラマキクイズやりました。

各自好きなように走り出そうとした時、私たちの右斜め前方から駆け寄って来る2名がいました。それは、トレランに行ったはずのはじおさんとH見さんでした。どうやら途中で道がよく分からなくなったらしいです。そんなわけで2名が合流し、6名で楽しむことになりました。

草原では、どこかの高校の陸上部やサッカー部が坂道ダッシュを繰り返し行ったりしていました。サッカー少年団もいましたね。それを見て思わず「若ぇーなー」とつぶやかずにはいられませんでした。

草原の坂を歩いて登り、一気に「ダァーーー」と駆け下りたりしました。スピード出る出る。あー気持ちよかった。

帰りは菅平高原自然館の近くにあった「湿原自然遊歩道」に寄ってから宿へ。

これにて菅平ともお別れです。新幹線で帰る4名はゾンタックのバスで最寄のバス亭まで送ってもらい、クーラーがほとんど効かない暑いバスで上田駅まで。遅い昼食(ソバ)をとって、お土産買ってから解散。

菅平キャンプに参加された皆様、お疲れさまでした。今後とも頑張っていきましょう。よろしくお願いします。

今回思っていた以上に日焼けしてしまいました。どうも、日焼け止め塗る習慣がないんですよね。いつも「今度からは塗ろう」と思うのに忘れてしまいます。次回からは資生堂の日焼け止めをちゃんと塗ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

菅平合宿2008・2日目

6:00~ 朝練習
・本日の距離走のコースの一部を30分程ジョグ。最後宿までの上り坂がきつくてきつくて。みんなに付いてくのがやっとでした。

7:15~ 朝食
・バイキング形式の朝食って大好き。私は朝食のバイキングだとパンを食べたくなります。今回のパンは食べても食べても腹いっぱいにならなくて、7つくらい食べてしまいました。みんなは、ほとんどの人がご飯。そりゃそうだ、パンじゃスタミナ切れになりそうだ。心配になった私は、部屋に戻ってよくあるゼリー飲料でエネルギー補給しときました。

9:30~ トレーニング(距離走)
・1周6.3キロのコースを1キロ6分30秒のグループで走りました。先頭は藤本コーチ。上りが多くてタフなコースだったと思います。それになんといっても暑い。もっと涼しい中を走り込む予定だったのに。1周目は無事みんなと走れましたが、2周目の途中で脱落。そこからはI井さんと一緒にゆっくり二人旅。なんとか2周走りきりました。
・宿にもどってから足をアイシング。水がめちゃ冷たい。私は1分ともちませんでした。足が痛くなってくるんですよ。5分以上も平気な人もいてビックリ。

13:00~ 昼食(カレーライス)

14:30~ 解散式/解散
・私を含めた延泊者及び午後錬参加者数名を残し、皆さん帰宅の途へ。

しばらくしてから延泊組の男性のみで、はじおさんの車に乗り込んで野口みずきクロカンコースへ。

03_204_205





午前練習の疲労が残っていたので、2キロコースにしました。芝生がとてもきれいで気持ちよく走れましたが、上りを走る体力はなく、下りだけ走りました。今度はぜひ元気な時に走りにきたいです。

その後、2名が帰宅の途へ。延泊組の7人だけになりました。

夕食 
・今晩のメインのおかずはなんとチーズたっぷりのドリア。どうやらゾンタックはチーズ料理が得意らしい。私はハンバーグステーキに変更してもらいました。

部屋で懇親会
・とても楽しい一時でした。はじおさんとH見さんのトークは掛け合い漫才のようでした。それとI井さんのユーモアたっぷりのトークはとても楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

菅平合宿2008・1日目

02_201_2








今日からSWACの菅平キャンプ(合宿)です。私は合宿は、昨年9月の島田に続いて2回目の参加となります。

参加が決まったのが遅かったので、新幹線(あさま)の指定席が取れず、自由席で上田へと向かいました。

菅平に行くのは2回目です。前回は学生の頃、軟式テニスの合宿で1週間程過ごしました。当時菅平といえばラグビー合宿のメッカとして知られていましたが、今回はサッカー少年が多かったですね。

12:00 上田駅集合
・送迎バスで45分程揺られて「プチホテル ゾンタック」へ。

13:30~ ランニングクリニック
・平田コーチによる「ランナーのための栄養、食事」
マラソンの前日はあのくらい(4杯)食べた方がいいんですね。塩気のきいたおかずだと確かに御飯はすすみますもんね。

15:00~ トレーニング
・バスでサニアパークの陸上競技場まで。私の参加したグループは、その競技場の隣りの周回コースをジョ グ。高地のせいか上り坂がきつく、1周が短かったのですぐまた上るという感じでしんどかったです。その後、流しを3本。

・トラックを走る選手の練習を見学。選手の苦しそうな息づかいが聞こえてきて、迫力ある練習ぶりに見入ってしまいました。

・帰りは宿までほとんど下りの道をジョグ。

18:30~ 夕食/懇親会
・なんとお肉に粉チーズがふりかかってました。bearing チーズのかかった肉の皮をはぎとってから食べることに。

・私は今日が誕生日でした。今までSWACのイベントで誕生日を祝ってもらってる方々がいらっしゃったので、「きっと今日も祝ってくれるんだろうな。」とは思っていました。でも、私の名前入りのバースデーケーキの登場や、スタッフからのメッセージ入りのバースデーカード、メロンを丸ごと1個プレゼントという豪華なプレゼントは予想以上で、とても嬉しかったです。Yコーチがろうそくの灯ったケーキを運んできてくださったのですが、天井で回っていたプロペラからの風で、見事に全部ろうそくの火が消えてしまうというハプニングがありました。その時のYコーチの慌てぶりがよかったです。happy01 こんなに大勢の方々に祝ってもらって、私は本当に幸せ者です。

・平田コーチは明日が誕生日。会員からはエプロンのプレゼント。そしてサプライズは妹さんからの手紙。とても心のこもった超感動的な長~い文章でした。うるうるweep

・選手から出題された三択クイズでは、加納選手のアラレちゃん問題や木下選手のB型問題を正解して、見事商品をゲットしました。



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

ランニング教室・20

今日はSWACのランニング教室で織田フィールドへ。本日のメニューは、5000mのタイムトライアル(TT)です。TTとは、全力もしくは全力に近い状態で走る実践的練習とのことです。(2008ランニング事典より) 『楽しくマラソンが走れる本!』(著・川越学)には、「本番のシミュレーション!」と説明されています。もちろん私は今回が初めてです。

私が織田フィールドに着いた時には、既にかなりの人が着替えて集合していました。みなさん、いつもより集まりがかなり早かったそうです。どうやら気合の入り方が違うようです。今日はAチームも一緒なので、かなりの人数になることはわかってましたが、総勢90名にも達していました。SWACパワーもの凄し!

最初に川越監督から「夏場の長距離トレーニングのポイント」という15分ほどのありがたいプチ講義があり、そのあと20分以内を目標にする第1組と21分~30分を目標にする第2組とに分かれて準備体操とウォーミングアップ。目標とするタイムごとに、さらに10組くらいに分かれました。各組すべてに選手、コーチ、監督らがペースメーカーとして付いてくれます。私は、1キロ5分30秒で27分30秒を目標にするグループにしました。

先に第1組がスタート。さすが皆さん速くて、走りに見とれてしまいます。でもとても暑かったので、後半はかなりたいへんそうに走ってらっしゃる方もいたりして、「自分は無事走りきれるかしら?」と不安になりました。

そしていよいよ第2組のスタート。私のグループはペースメーカーを務めてくださる川越監督を含め5人です。私は監督の右側に並んで走りました。最初のうちはいい感じで軽快に走っていましたが、3000mくらいでややしんどくなってきました。その時ちょうど監督が「ここらへんが一番辛いけど頑張って!」と絶妙のタイミングでみんなに声をかけてくださいました。

なんとか4000mを過ぎてあと1000mだと思ってたら、今まで後ろに付けていたOさんと女性の二人がスパートをかけて、私を置き去りにして行きました。特にOさんはもの凄い勢いで飛び出しました。「え~ちょっと待ってよ、聞いてないよ~」といった感じで私は唖然となりました。付いていきたかったのですが、ここで飛ばすと最後へろへろになってしまうのは明らかだったので自重しました。

私は残り200mでラストスパート。タイムは、5'29-5'30-5'26-5'24-4'37で26分29秒でした。暑い中無事走りきれてよかったです。声援をおくってくださった皆様、どうもありがとうございました。

さあ、次は1週間後の菅平合宿です。涼しい中を走りたい!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

ランニング教室・19

今日はSWACのランニング教室で代々木公園へ。暑かったので、着いた時にはもう既にけっこう汗をかいていました。

最近仕事が忙しいこともあって練習不足だし、月初めの残業時期の疲れが残っているので、一番ペースのゆっくりなグループにしようかとも思いましたが、H田コーチが最初はゆっくり入ると言ってたので1キロ6分のいつものグループにしました。

私は自分の好きな時に給水したい方なので、夏はボトルポーチを身に着けて走ります。昨年はアディダスのを使ってましたが、今回は新しく購入したNATHAN(ネイサン)のボトルポーチを試してみました。ネイサンのは揺れにくいそうです。

しかし、最初はどのへんにどう着ければ揺れないのかがよくわからなくて困りました。走ってるうちにどんどん揺れだして、何回もポーチの位置を調整することに。馴れるまでだいぶかかりましたが、うまく着ければ確かに揺れは少ないです。

なんとか3周までみんなに付いていき、4周目は無理せず歩きました。そして5周目はまたグループに合流。5周目、けっこう早いペースでしんどかったです。もっと走るつもりでいたのですが、これ以上は暑さに体がついていけませんでした。despair

本当自分は蒸し暑さに弱いなと感じました。カラッとした暑さの中で走ってみたいです。

走り終わってみんなぐったりしてましたが、差し入れのスイカをごちそうになり元気回復diamond 暑い中スイカを運んでくださったMコーチ、切り分けてくださった監督、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »