« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月24日 (土)

最近元気をくれる方々

NHKの朝ドラ『』を見てます。始まる時間には家にいないので、録画したものをあとでまとめて見てます。

私が今まで見た朝ドラは、

『凛凛と』 ・荻野目洋子さんのファンだったので見ました。

『かりん』 ・筒井道隆さんが出てました。どんな話だったか忘れちゃった。

『ぴあの』 ・純名里沙さんは、今でも気になるタレントの一人です。

『すずらん』 ・子役の柊瑠美ちゃんが可愛らしかった。

『ちゅらさん』 ・ゴーヤーマン、懐かしいです。

『さくら』 ・太田裕美さんが出てました。

『まんてん』 ・藤井隆さんの演技がよかった。

『てるてる家族』 ・ミュージカル仕立てで、大のお気に入り作品です。

『純情きらり』 ・三浦友和さん、福士誠治さんがとてもいい役でした。

で、現在の『瞳』ですが、主役の一本木瞳を演じているのが榮倉奈々さん。彼女が出演しているドラマは、『ダンドリ。』も見てました。両作に共通するのはダンス。『瞳』では、ヒップホップ、『ダンドリ。』では、チアダンス。ちなみに、映画『阿波DANCE』でも、ヒップホップが得意な役でした。彼女は、どうやらダンスとはとても縁があるようです。

瞳と同じダンススクールの生徒・橋本純子役として、満島ひかりさんが出演しています。彼女は、かつてFolder5のメンバーだったので、ダンスに関しては抜群です。

もう一人凄く気になる存在なのが、酒場「ROSE」のローズママを演じている篠井英介さん。篠井さんが登場するシーンは、とてもワクワクして魅入ってます。

上記3人をはじめとした『瞳』の出演者たちに、多大な元気をもらっています。happy01

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月18日 (日)

金太郎マラソン 2008

今日は「足柄大橋開通21周年記念 金太郎マラソン大会」に参加してきました。小田急線の新松田駅でSWACのK子さんと待ち合わせ。駅の改札抜けたら、S沢さんともばったり会いました。私とK子さんは10キロですが、S沢さんは15キロです。S沢さんは奥様とシャトルバスでいくとのことなので、私とK子さんはアップがてら歩き、15分程で会場の県立行政センターへ。

受付済ませてパンフレット見てみたら、今年の参加者は2202人となっていました。昨年は1595人で、「この大会もだいぶ大きくなったなあ」と思ったものですが、今年は更にスケールアップです。走路がそんなに広くない所をけっこう走るので、こんなに増えて大丈夫なのか少し不安になりました。K子さんが「SWACのMさんはスタッフで参加だって!」と言ってたので、パンフレットで探したら、受付係のとこにMさんの名前がありました。

着替えてグランドに行き、受付やってたMさんを見つけて御挨拶し、それから少しアップ。15キロのスタートを見届けてから、スタート地点に並びました。スタート後の渋滞を避けようと思い、今回はけっこう前の方に並んじゃいました。

スタートして、やがて自分の体が今日はやけに重いなと感じました。本当いつになく重い。なぜなんだろう?で、走ってるうちにいつも1キロごとにある距離表示が全然ないことに気付く。どうやら、今年は1キロごとに白線が引いてあるだけらしい。全然わからなかったよ。despair 15キロの人には、何ヶ所か距離表示があったのに、10キロには一つもなかった。「ひどいなあ、これじゃこないだの湘南国際マラソンの時とまったく同じ状況だよ」と思いながら、渋々走ることになりました。

ま、何度か参加したことのあるレースだったので、どこが大体何キロかは分かったけどね。

そうそう、天気は曇りで、スタートする頃から少し晴れ間がさし始めました。晴れ間がさすと、やはり暑い。でも昨年はもの凄く暑かったので、それに比べたら今年は全然まし。

毎度のことですが、今年も足柄大橋を渡り終えたあと、ペースダウンしてしまいけっこう抜かれてしまいました。道が狭いので、抜いてくランナーとけっこう接触しました。

最後はなんとかスパートしてゴール。タイムは、グロスが53:47で、ネットが53:36。湘南国際よりも20秒ほど遅かったです。でも金太郎はタイムの出にくいコースらしいので、よしとしましょう。不調だったわりにはよく頑張ったと思います。

ゴール後、K子さん、S沢さん、K藤さん(15キロ)と4人でしばし歓談。皆様、お疲れさまでした。また、一緒の大会に出場する時はよろしくお願い致します。

200801200802_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ランニング教室・16

今日はSWACのランニング教室で夜の代々木公園へ。仕事は半休でした。

原宿駅からすぐの国立代々木競技場第一体育館では、誰かのコンサートが開始直前でした。遠目に見たのでその時はわからなかったのですが、あとでランニング中に聞いたところによると、幸田來未さんということでした。私は代々木体育館といえば、浜田省吾さんのコンサートが最も記憶に残っています。あと、確か佐野元春さんや他のアーティストでも行ったのですが、だいぶ前の事なのではっきりとは覚えていません... ああ記憶障害despair

代々木公園の野外ステージでも誰かのライブがあるようで、かなりの人が集まっていました。やはりあとで聞いたのですが、Superflyということでした。最近音楽のランキング番組見てなかったので、全然知りませんでした。スーパーフライは、越智志帆さんによるソロユニットで、『愛をこめて花束を』がドラマ「エジソンの母」の主題歌に使われて話題になったようです。本日アルバム発売で、その記念ライブだったそうです。ソロユニットってなんかZARDみたいですね。

ちなみにスーパーフライのライブは、翌日の「めざましテレビ」の芸能ニュースで紹介され、「とくダネ!」でも小倉智昭さんがオープニングトークで語っていました。

で、ランニング教室ですが、本日めでたくonezerozero回目を迎えました。このような記念の日に参加できて光栄です。ちなみに私が参加したのは、100回のうち20回くらいです。

今日は1キロ6分ペースのグループで、代々木公園の内側のコースを走りました。先導はYコーチ。Yコーチのグループで走るのは初めてでした。途中Yコーチが、みんなのフォームチェックのため後ろに下がったので、K渕さんと私とで先頭を走りました。みんな頑張って7周、48分くらい走りました。皆様お疲れさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

EKIDENカーニバル2008 東東京大会

200804200803





今日はSWACで「EKIDENカーニバル2008 東東京大会in北区荒川」に参加しました。私は、昨年秋の西東京大会に続いて2回目の駅伝です。前回に続き、今回も天候に恵まれず小雨rainが降ったり止んだりでした。

集合場所は荒川河川敷野球場ということでしたが、会場に着いてもどこが野球場なのかよくわからず、しばらく周辺をさまよってたところ、S沢さんが声をかけてくださいました。そして、S沢さんが電話で詳しい場所を聞いてくださり、そこから二人で集合場所まで行きました。

SWACからは今回11チームが出場です。私は「SWAC」チーム。1区がW田さん(男性)で5キロ、2区がH見さん(女性)で3キロ、3区がT中洋さん(女性)で1キロ、4区3キロが私。なんと私がアンカーです。いいんでしょうか?小中学生の頃は、よくリレーでアンカー任されたことはあったけど。

実は、メンバーで知ってたのはH見さんだけ。W田さんとT中洋さんとは、もしかしたら一緒に練習したことあったかもしれませんが、今回初顔合わせといった感じでした。我がチームは、T中洋さんが用意してくださったものをかぶりました。頭巾、スカーフ、バンダナ? すみません、名前聞いとくの忘れました。こういうの何て言うんですか?

前回の駅伝ではアップせずに走ってしまったので、今回はちゃんとやりました。前回参加してたので、駅伝カーニバルの全体的な流れ、次走者の待機場所やナンバーカードの読み上げなどが大体わかってたので、気持ち的には余裕がありました。

写真を見てのとおり、スタートは大混雑です。1区の人はたいへんですね。自分は4区なんで少しのんびりしてましたが、タスキが2区に渡ってからは、あっという間に出番がやって来ました。うちのメンバーけっこう速いです!

ナンバーカードがアナウンスされて、中継地点に並ぶと、少したってT中洋さんがやって来る。ストップウォッチのボタンを押してからタスキをもらい勢いよく走り出す。が、最初のうちは道がぬかるんでて気を付けながら走ることに。ぬかるみを抜けたところで、川越監督が声をかけてくださいました。前回もスタートして間もない所に待機して応援してくださいましたが、監督に声援をもらうと本当気合が入ります。

1キロを明らかにいつもよりも速いペースで走ってしまっているので、けっこうしんどい。折り返しのコースなので、途中SWACの数人とすれ違いその度に元気になれました。ゴール手前でも監督が応援してくださり、そこからラストスパート!でも、ゴール前も凄いぬかるみでした。

今回もとても楽しかったです。皆様、お疲れ様でした。そうそう、仮装のバドガール(バドワイザーの露出度の高い衣装)とスワン(白鳥のかぶり物)チームの皆様、楽しませてくださってありがとうございました。happy02

「SWACボーイ」と「SWACレディ」がそれぞれの部門で2位でした。おめでとうございます。

200802200801_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

春日部大凧マラソン大会 2008

02_201_2





「第20回記念 春日部大凧マラソン大会」に参加してきました。今回は超久々にハーフにチャレンジしました。

この大会を選んだ理由は、「5月頃にハーフの大会ないかな」とクリールで探してたら、春日部市で開催される大会が見つかったから。私の姉は春日部に住んでいるので、「前日泊めてもらえばいいや」と思ったのでした。それと、「走路は平坦で走りやすく、風が吹いて気持ちのよいコース。」と書いてあったので、それを素直に信じ、「これだったら何とかなるかも」とか、「制限時間も3時間近くあるので初心者でも大丈夫だろう」と思いました。

ハーフは20代後半の頃、職場の先輩に誘われるままに2回走りました。当時10キロの大会に一緒にいくつか出場し、その勢いでハーフも出てみました。しかし、ろくに練習を積んでなかったので、レースの後半はかなり歩いてしまい、スタミナ切れも起こして空腹でゴールを目指したという情けない思い出があります。ゴールタイムはまったく覚えていません。ちなみにそのレースは、「西湖ロードレース(これは20キロだったかな?)」と「まほろば国際マラソン(厚木基地を走る)」でした。

だから今回の目標は、「絶対歩かないで最後まで走り切ること!」でした。とにかくハーフの嫌な思い出を払拭したかったのです。

3日は仕事を片付けてから、17:23発のロマンスカーで北千住まで。最近のロマンスカーは北千住まで行くのもあるんですね。便利になったもんだ。車両は最新の「ロマンスカーMSE」というもので色はブルーでした。なおMSEは「Multi Super Express」の略だそうです。

北千住からは東武伊勢崎線で、姉の自宅の最寄りの武里駅まで。

姉の家に20時頃着き、夕食を食べてそれから少しゆっくりし、連日の残業で疲れてたので、明日に備えて早目に寝ました。

当日は6時に起きて7時30分ごろ出発し、武里駅から春日部駅に行き、そこで東武野田線に乗り換えてそこから二つ目の南桜井駅へ。送迎バスも出てましたが、もの凄く人が並んでたので、会場の庄和総合公園までは徒歩で15分ということなので歩きました。

受付済ませて体育館で着替えて、公園内の庄和球場baseballでウォーミングアップ。野球場をアップ用に開放してあって、そこで走るなんて私には初めての体験でした。外野の芝生は柔らかくて快適でした。でも、野球がやりたくなっちゃうじゃん。

10時過ぎにスタート。天気は曇り。涼しくてちょうどいい感じ。ハーフに馴れていない自分には、あまり暑くなるとしんどいと思ってたので。1キロ6分くらいのペースで走り出しました。後半に余力を残しておこうという考えでした。

5キロ地点を30:13で通過し、10キロ地点は1:01:39で通過。でも10キロの表示はだいぶいいかげんだったみたい。8~9キロが6:03で、9~10キロが7:29で、10~11キロが4:52だったので。

11キロ過ぎに、パワーバーのエナジージェルでエネルギー補給。実は初めて食べたのですが、けっこう味が濃いんですね。それもそのはず、よく読むと「水と一緒にお摂りください。」と書いてある。知らなかった... しかも右手に付いてしまいベトベトに。でもすぐに給水所があったのでラッキーでした。

12キロ~15キロまではややペースが落ちたものの、15キロ地点を1:32:43で通過。しかし、ここから足が動かなくなる。パワーバーが効いてスタミナはあり、上半身は大丈夫なのに下半身が... 「練習は嘘をつかない」って本当ですね。練習で20キロ走ったことなかったんで。ここから先の給水所では、給水のあと屈伸をしてから走り出しました。

15~17キロはキロ7分、17~21キロはキロ7:50もかかってしまいました。あー情けない。最後の給水所では、足にコールドスプレーみたいなものをかけてくれるサービスがあり、とても助かった気分になりました。

ラストは何とか力を振り絞ってスピードを上げ、へとへとになってゴール。

タイムは手元の時計で、2:16:03。記録証だと2:18:41。うーん、もう少し速く走りたかった。思いっきりハーフの洗礼を浴びてしまいました。めちゃくちゃ悔しいですが、給水所で立ち止まる以外は何とか走り切ったので一応目標は達成です。すみません、目標が低くて... 秋にどこかでハーフ走る時は、タイムの大幅アップを狙います。

以下その他の感想を少し。

・沿道で思っていた以上のたくさんの方々が応援してくれて、とても嬉しかったです。小さい子も多かった。
・6ヶ所の給水所が全て水だけだったので、スポーツドリンクも用意してほしかったです。
・給水所ではたくさんの地元の中学生が頑張ってくださり、一生懸命声援を送ってくださいました。他の大勢の競技役員の方も含めた、「市民ボランティアによる手作り感あふれるアットホームな大会です。」という宣伝文句を本当に味わうことができました。
・「風が吹いて気持ちのよいコース」というのも本当でした。(いつもそうとは限らないでしょうが。)

帰りは東京から新幹線で帰ろうと思ってましたが、春日部駅から急行中央林間行きに乗れて座れたので、時間はかかるけど、乗り換え面倒なのでそのまま終点まで行きました。そして相模大野に出て、急行でのんびりと帰りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »