« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月12日 (土)

ランニング教室・9

今日はSWACのランニング教室で代々木公園へ。天気は小雨。私は寝坊してしまい、急いで仕度をしたものの電車は1本乗り遅れ、さらに次の電車にも乗り遅れそうになりました。発車のベルが鳴ってからホームへの階段を猛ダッシュで駆け上がり、鳴り終わるのと同時に列車に飛び乗るという始末。

そんなドタバタや、前日の仕事の疲労が残ってたりとかしてて、走る前から既に少しお疲れモードとなっていました。そんな訳で今日はウォーキング+ジョギングのグループにしようかと思っていました。

みんなが準備体操を終えて公園へ移動している時に、何とか合流することができました。今日は1km5分ペースと、6分ペースの二グループとのこと。人数も少なめ(20人くらい?)だし、雨だからウォーキング+ジョギングのグループはなし。そうだよね、冷たい雨の中をウォーキングしてもね... それにいつものK島コーチもいないし。ということで私は6分ペースのグループになりました。(K島コーチは公園にいらっしゃいましたが、今日は玉川大学のコーチとしてでした。)

M鍋コーチとH嘉コーチを先頭にスタート。私はかったるかったはずなのですが、走り出したらそうでもなかったです。走る前の疲労感はどこへやら。何気にいい感じで走れました。ランニングすることによって、心も体もリフレッシュできたのかしら?

7周目からはペースを落として一人で走りました。途中でY内コーチが追い越しざまに、声援&新年の御挨拶をしてくださいました(^^♪ 今回は初めて9周走りました。

帰りに『陸上競技マガジン』と『月刊陸上競技』と『陸上競技マガジン2月号増刊 第84回箱根駅伝』を買いました。今月号は箱根駅伝、全日本実業団駅伝、全日本実業団女子駅伝、全国高校駅伝などとても盛り沢山の内容です。

なお『陸上競技マガジン2月号増刊 第84回箱根駅伝』には、H嘉コーチの「箱根駅伝追っかけレポート ~箱根優勝メンバーが、電車を乗り継いで応援~」という記事が掲載されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

ランニング教室・8

今日はSWACのランニング教室で代々木公園へ。私は2ヶ月ぶりの参加です。しばらく参加できないでいるうちに、すっかり真冬になってしまいました。寒い日に早起きするのはつらいけど、でもSWACの練習のためなら大丈夫...だと思います。

今日の参加者は40名ちょっといたそうです。だいぶ新しい人も増えたみたい。寒いのにみんなえらいなあ。

でも準備体操とドリルをやるためにフィールド内に出ると、天気が良く陽射しが降り注いでいたので、寒いなとは感じませんでした。ドリルを終えた時には、すっかり体も温まっていました。

今回は1キロ5分30秒~6分くらいで走るというグループにしました。けど私にはちょっと早いペースだったので、4周までみんなに付いていき、あとはペースを落として走りました。途中、ジョギングのグループに合流しましたが、そこもけっこう速く走ってたので、付いていけたのは最初だけ。結局その後方を走ることに。

やがてジョギンググループの一人がペースを落としたので、その方(たぶんHさん)に追いついて少し一緒に走ってたら、Hさんが話しかけてきてくれました。ホノルルマラソンや箱根駅伝の話をしながら、ゆっくり走りました。Hさんが走りを終えたあと、私はもう1周行きましたが、疲れが足にきてしまい途中少し歩いてしまいました。

結局1時間30分ほどかけて計8周走りました。疲れきってしまい、クールダウンのジョグはしんどかったです。

帰りの原宿駅はなんと大混雑でした。初詣での人でいっぱい。そんなこと全く頭になかったので、びっくりするほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

箱根駅伝 2008 復路

駒沢大学、復路優勝そして3年ぶり6度目の総合優勝おめでとうございます。ここ2年間は5位と7位でしたが、再び王座に返り咲きました。復路のゲスト解説が藤田敦史選手だったので、喜びも倍増でした。

6区山下りで、トップの早稲田に差を広げられてしまった時は、「まずいなあ」と思いました。7区で私が応援してた場所でも、早稲田が通過してからなかなか現われなかったので「こんなに差が開いちゃったのー」と少し嘆いていました。

でも、7、8、9区は強い選手がそろってたので、そんなに不安には感じていませんでした。7、8区で猛烈に追い上げたので、8区の途中で優勝を確信することができました。

駒沢大学 復路成績

6区 藤井 輝選手(4年)  区間12位

 ・3年連続山下り、昨年は区間2位でしたが今回は悔いの残る走り
  となりました。

7区 豊後 友章選手(4年) 区間2位

 ・4年生になってからの活躍ぶりには、目を見張るものがありまし
  た。今後も大いに期待しています。頑張ってください。

8区 深津 卓也選手(2年) 区間1位

 ・区間賞、本当におめでとうございます。今回の激走はとてもかっこ
  よかったです。

9区 堺 晃一選手(4年)  区間2位

 ・安定感のある力強い走りは、今回も健在でした。琵琶湖毎日マラ
  ソンで、学生記録更新を目指して頑張ってください。

10区 太田 行紀選手(3年) 区間3位

 ・昨年は8区で区間19位だったので、見事にリベンジを果たしま
  した。


◆その他の感想

・9区で区間新をマークし、MVP(金栗四三杯)を獲得した篠藤淳選手(中央学院・4年)、おめでとうございます。駒大の堺選手との同期生対決(飾磨工・兵庫)に勝利しました。中央学院の大躍進で、大会がおおいに盛り上がりました。数年前の亜細亜大のように、雑草軍団が名門大学を破って勝ち上がるというのは本当に見応えがあります。

東海日体大東洋
あたりは、ブレーキの選手が出てしまったことなどもあり、本来のチームの実力を発揮できなかったようです。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

箱根駅伝 2008 往路

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

「箱根駅伝の応援の思い出」

大学時代、私の学生番号の一つ前の人は、スポーツ推薦で陸上競技部に入ってきた長距離ランナー(鹿児島商工出身)でした。番号が近かったせいで、入学後すぐに知り合いとなったそのI選手は、箱根駅伝を4年連続で走りました。
その頃の私は、箱根駅伝をテレビでは毎年観戦していましたが、駒沢大学があまり強くなかったこともあって、沿道で応援はしていませんでした。家から少しの距離だったのに。
私が初めて沿道で駒沢を応援したのは、4年生の時の1月2日のことでした。テレビで平塚中継所が映ったときに、4区を走る駒沢の選手がI選手だと紹介され、それを聞いて「これは応援に行かなくては!」と急いで着替えて駆け付けたのでした。(I選手がそれまで走ったのは、10区、8区、3区でした。)
私は大声で「○○頑張れー、○○」と名前を叫びました。その時初めて、ランナーは本当あっという間に目の前を通過して行ってしまうんだなあと実感しました。
後日、I選手から「○○(私の名前)、応援してくれただろ、わかったぜ、ありがとな。」と言われました。私は自分の声援がちゃんとI選手に届いてたことを知って、妙に嬉しくなりました。
それ以来、私は母校の選手の名前を、毎年大声で叫んで応援しています。

「第84回箱根駅伝 2008 往路」

以前にも書きましたが、私の職場の前の道路は国道1号線です。仕事柄、毎月月始めは残業時期なので、お正月も仕事があります。ただし自分のノルマさえ済ませれば、休日を取ることはできます。私は毎年箱根駅伝の応援をしたあとに、仕事をやっています。

駒沢大学 往路成績

1区 池田 宗司選手(3年) 区間2位

 ・期待通りの走りでした。トップと3秒差でタスキリレー。

2区 宇賀地 強選手(2年) 区間5位

 ・前回の区間13位からジャンプアップ。来年が楽しみです。

3区 高林 祐介選手(2年) 区間7位 

 ・出雲、全日本で連続区間賞だったので大いに期待しましたが、
   今回はちょっと不調だったようです。

4区 平野 護選手(4年)   区間4位
 
 ・2年生の時は9区で亜大に抜かれ(体調がよくなかったらしい)、
  3年生の時はメンバーに入れず。出雲、全日本では好成績を
    残していましたが、箱根では活躍できていませんでした。でも
   今回は力強い走りで、前との差を詰めました。

5区 安西 秀幸選手(4年) 区間2位

 ・2年生の時は7区で区間17位。3年生の時は直前に風邪をひい
   て走れず。早稲田とのキャプテン対決に負けはしましたが、でも
  立派で感動的な走りでした。

駒沢は往路2位。往路優勝は早稲田。竹沢健介選手の故障により、他の選手達が発奮して、チームの結束力がより高まったようですね。川越監督、O角コーチおめでとうございます。
駒沢はわずかに力及ばず。でも早稲田とは1分13秒差。明日がとても楽しみです。

今回は5区で順位が大きく変動しました。
早稲田 6位→1位 ・駒沢  5位→2位 ・学連選抜 9位→4位
日大 10位→6位 ・亜細亜 11位→7位 ・東洋 4位→9位
中央 2位→10位 ・帝京 16位→12位 ・国士舘 20位→13位
日体大 7位→14位 ・法政 19位→15位 ・東京農大 14位→18位


◆その他の感想

・モグス選手(山梨学院・3年)、2区の区間新記録おめでとうございます。過去の苦い経験を生かして、ついに目標を達成しました。

・木原真佐人選手(中央学院・3年)、2区での快走凄かったです。来年こそは2区で、高校の同期(報徳学園)の竹沢選手との争いが見たいです。

・4区で区間賞獲得の阿宗高広選手(国士舘・4年)、おめでとうございます。国士舘の区間賞は35年ぶりだそうです。20位を走ってた選手が区間賞をとるなんて、とても信じられません。

・関東学連選抜、往路4位だなんて予想以上の出来です。特に5区を走った福山真魚選手(上武・2年)、上武大学初の箱根駅伝選手として見事な走りでした。花田監督もさぞかし喜んでいることでしょう。    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »