« 箱根駅伝 2008 往路 | トップページ | ランニング教室・8 »

2008年1月 3日 (木)

箱根駅伝 2008 復路

駒沢大学、復路優勝そして3年ぶり6度目の総合優勝おめでとうございます。ここ2年間は5位と7位でしたが、再び王座に返り咲きました。復路のゲスト解説が藤田敦史選手だったので、喜びも倍増でした。

6区山下りで、トップの早稲田に差を広げられてしまった時は、「まずいなあ」と思いました。7区で私が応援してた場所でも、早稲田が通過してからなかなか現われなかったので「こんなに差が開いちゃったのー」と少し嘆いていました。

でも、7、8、9区は強い選手がそろってたので、そんなに不安には感じていませんでした。7、8区で猛烈に追い上げたので、8区の途中で優勝を確信することができました。

駒沢大学 復路成績

6区 藤井 輝選手(4年)  区間12位

 ・3年連続山下り、昨年は区間2位でしたが今回は悔いの残る走り
  となりました。

7区 豊後 友章選手(4年) 区間2位

 ・4年生になってからの活躍ぶりには、目を見張るものがありまし
  た。今後も大いに期待しています。頑張ってください。

8区 深津 卓也選手(2年) 区間1位

 ・区間賞、本当におめでとうございます。今回の激走はとてもかっこ
  よかったです。

9区 堺 晃一選手(4年)  区間2位

 ・安定感のある力強い走りは、今回も健在でした。琵琶湖毎日マラ
  ソンで、学生記録更新を目指して頑張ってください。

10区 太田 行紀選手(3年) 区間3位

 ・昨年は8区で区間19位だったので、見事にリベンジを果たしま
  した。


◆その他の感想

・9区で区間新をマークし、MVP(金栗四三杯)を獲得した篠藤淳選手(中央学院・4年)、おめでとうございます。駒大の堺選手との同期生対決(飾磨工・兵庫)に勝利しました。中央学院の大躍進で、大会がおおいに盛り上がりました。数年前の亜細亜大のように、雑草軍団が名門大学を破って勝ち上がるというのは本当に見応えがあります。

東海日体大東洋
あたりは、ブレーキの選手が出てしまったことなどもあり、本来のチームの実力を発揮できなかったようです。
  

|

« 箱根駅伝 2008 往路 | トップページ | ランニング教室・8 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199907/9722957

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝 2008 復路:

« 箱根駅伝 2008 往路 | トップページ | ランニング教室・8 »