« ランニング教室・7 | トップページ | EKIDENカーニバル2007 »

2007年11月 7日 (水)

全日本大学駅伝 2007

Photo_3






11月4日(日)に行われた「第39回全日本大学駅伝対抗選手権」は、駒沢大学が圧倒的な強さで二連覇を達成致しました。おめでとうございます。

最大のライバル東海大学を意識した大八木弘明監督の采配通りに、選手達が実力を出しきっての勝利です。主将の安西秀幸選手抜きでこの強さなのですから、選手層の厚さではどこにも負けません。2年生に有力選手が多いので、しばらくは安泰です。黄金時代の再来となるかもしれません。

1区 豊後友章選手(4年) ・日本人トップの3位。本当に強くなりました。

2区 宇賀地強選手(2年) ・竹沢健介選手(早大)、松岡佑起選手(順大)に負けない激走でした。

3区 池田宗司選手(3年) ・区間賞で見事トップに立つ。

4区 深津卓也選手(2年) ・区間2位。出雲では区間4位。安定した走りです。

5区 高林祐介選手(2年) ・出雲駅伝に続いて区間賞獲得。頼りになる存在です。

6区 平野護選手(4年)   ・なんと3年連続6区の区間賞。あっぱれです。

7区 星創太選手(2年)    ・区間7位。出雲では区間9位。今後に期待です。

8区 堺晃一選手(4年)    ・長い距離を安心して任せられます。とても落ち着いた走りです。

箱根では過去二年の雪辱を果たして、ぜひとも優勝といきたいものです。選手の皆様が万全の状態で箱根に挑めるよう願っております。

|

« ランニング教室・7 | トップページ | EKIDENカーニバル2007 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199907/8829903

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本大学駅伝 2007:

« ランニング教室・7 | トップページ | EKIDENカーニバル2007 »