« ハマショー | トップページ | 手塚治虫大先生 »

2007年1月19日 (金)

懐かしの石川優子さん

Image028 石川優子さんは、私が本格的に聴いた最初の女性アーティストです。(女性アイドルは除く)
石川優子さんの曲を初めて聴いたのは確か『レット・ミー・フライ』だったと思います。優しい感じのとても心地好いメロディーで印象に残りました。その後『シンデレラサマー』でザ・ベストテンに出演した時はとてもうれしかったことを覚えています。

それから、『涙のソリティア』『誘惑のプレリュード』などのヒット曲のあとにこのアルバム『フェリアの恋人』が発表されました。私が石川優子さんのアルバムで1番よく聴いたお気に入りです。帯に「スパニッシュな南風が香る」と紹介されているように、ヨーロピアンなサウンドが気持ちよかったです。特に『そして・風になる』と『あなたのいる風景』は大好きです。残念なことにLPしか持っていません。CD化されたのですが、発売を知らず、枚数もあまり出なかったようで中古でも出回っていないようです...

石川優子さんにも忘れられないエピソードがあります。あれは高校2年生の時。地元の市民会館でコンサートがあるのでチケットを購入しておいたのですが、どうしても部活(軟式テニス)を休めなかったのでした。なぜかは忘れてしまったけど。「部活が早く終われば途中から見れるかな」と思っていたら、なんと雨が降り出したのでした。雨足が強くなってきて部長が中止にしようかどうか迷っていたので、私はすかさず「かぜをひく人が出るといけませんよ!」と行って中止に追いこもうとしました。結局どしゃ降りになりかなり早く終わったので、私は大至急優子さんのもとへ駆けつけ無事間に合ったのでした。(^_^)v

|

« ハマショー | トップページ | 手塚治虫大先生 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
突然ですいません。
たまたま、石川優子を検索していたら、驚きました・・・
「フェリアの恋人」のジャケットを発見しました。
懐かしいですね。
このアルバムは自分も大好きなアルバムでした。
高校の時、コンサートがあったのですが、石川優子を聴いている人が周りにいなく、独りでいった記憶が蘇りました。

時を経て、何となく同じ感性?の方がいらっしゃるのを思うと不思議だなあ、と感じます。

投稿: pulse | 2007年1月26日 (金) 23時56分

pulseさん、ありがとうございます。

石川優子さんは、「あの人は今」みたいな番組で紹介されることもないし、復活コンサートとかもやらないので、お目にかかることがないですよね。

あの歌声をまた生で聴いてみたいです。

投稿: ☆ツカサ | 2007年1月27日 (土) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199907/4990888

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの石川優子さん:

« ハマショー | トップページ | 手塚治虫大先生 »